一般的なマイプロサービス利用の流れ

マイプロドットコムのサービス利用について、1対1で行なう個別サービスと、1対多で行なうスクールサービスをご紹介致します。
 

個別サービス編

service-flow-01
1対1で実施

ステップ1.探し方
ご自身の目的にあう条件で、マイプロを検索してみて、マイプロのHPやブログには、詳細の専門分野、経歴、実績、そして、セッション方法や料金などが掲載されていますので、ご自身の目的と条件があい、そして、このマイプロとお話をしてみたいと感じられたら、問合せフォーム・メール・電話などでコンタクトをとります。
 
ステップ2.初回アポイント
マイプロからご返答があり、まずは初回面談の予約日時や時間を設定します。面談の場所は、団体に所属しているマイプロはリラックスできる面会ルームなどで行われるケースが多く、個人で活動しているマイプロは落ち着いた雰囲気のホテルのロビーやカフェで行われるケースが多いです。
 
ステップ3.初回面談
初回の面談は、短い時間での無料相談やお試しのコースをご用意されている方も多いので、クライアント、マイプロ双方で、今後の本格的にセッションをスタートするかについて判断をします。自身の目的やお悩み解決ができそうかどうか、カウンセリングやコーチングなどの具体的な方法について、疑問点や不安点が残らないように、できる限り聞いておきましょう。
 
また、マイプロ側からも、クライアントの目的やお悩みに関して、提供予定のセッションがマッチしていないと判断した場合、お断りする場合もあります。マイプロの効果を出せるか出せないかのカギは、クライアントとマイプロの相性だとも言われております。そして、クライアントは受動的なだけでなく、自分自身が、マイプロの支援を得ながら、問題を解決していくという姿勢がとても大切だとも言われております。
 
*これまで一度もマイプロサービスを受けられたことがない方は、少なくとも2人以上の方との初回面談を
おススメします。初回面談で何人かを比較検討することで、よりご自身にマッチしたマイプロを選定できるようになるはずです。
 
ステップ4.本セッションプラン
双方が目的を共有して、面接間隔や料金、カウセリングやコーチングの方法などで合意に至ったところで、本格的なセッションの次回以降の面接日を決めていきます。一般的には、 週1、隔週1、月1,随時など、その人のご希望や目的によって、開催頻度を決めていきます。セッションの回数は、数回で終了する方から、症状・悩みは消失・軽減化したものの1~2ヵ月に1回程度、数年にわたってメンタルコーチとしてセッションを続けられる方などさまざまです。
 
ステップ5.本セッション
カウンセリングやコーチングのセッションは、相談者とマイプロの対話を通じて行われるケースが多いです。対話による方法以外にも、アートセラピーやボディーセラピーと呼ばれる非言語系の手法もございます。
またセッションの途中で、本当の自分がわかってきて、心が晴々してくる状態もありますが、時には自分として認めたくない側面がでてきて、一時的に苦しい思いをしたり、辛くなったりする場合もあります。こうした時には、是非、その胸の内をマイプロへ表現してみて下さい。マイプロとの信頼関係の中で、そうした自己表現が契機となって新たな自分との出会いから解決に導かれることがあります。
 
一方で、マイプロは心理やコミュニケーションの専門的なスキルを習得し、そして、クライアントの悩みを解決したいと真摯に取り組んでいる方がではありますが、神様でも先生でもありません。
自分自身のことをわかっているようでわかっていないのが人間であり、マイプロは客観的な視点から、横の意識でクライアントに寄り添い、目標達成へのガイド役となってくれる存在です。クライアントとマイプロ双方が、同じ人間として尊重し合い、クライアントの問題解決という共通目標に手を結んで向かっていくことが大事なことだと言われております。
 

スクールサービス編

service-flow-02
1対複数人で実施

ステップ1.探し方
ご自身の目的にあう条件で、スクールを検索してみて、スクールのHPにて、学べる内容、得られる資格、そして、料金などが掲載されていますので、ご自身の目的と条件があう場合、問合せフォーム・メール・電話などでコンタクトをとります。多くの場合、説明会セミナーや体験セミナーがあります。
 
ステップ2.説明会セミナー
説明会セミナーでは、詳細のコース内容やこれまで学ばれた生徒のお話の説明があったり、スクールによっては、実際に学ぶ内容を体験するプログラムまで含まれています。そして、Q&Aもありますので、今後の本格的に本スクールで学ぶかどうかを判断をします。自身の目的やお悩み解決ができそうなコースかどうか、そして、講師の方がどんな方なのか、学びに来る生徒はどんな方なのか、事務局の方はどんな方か、受講やキャンセル時のルールなど、疑問点や不安点が残らないように、できる限り聞いておきましょう。
 
*これまで一度もスクールに行かれたことがない方は、少なくとも2つ以上のスクール説明会に参加されることをおススメします。いくつかのスクールを比較することでより、ご自身にマッチしたスクールを選定できるようになるはずです。
 
ステップ3.本スクール講座
実際にスクールで学んでみて、もし疑問点や不安点が出てきた場合は、すぐに講師や事務局に相談をしましょう。良心的なスクールでは、生徒の学びを最大限かするために、できる限りのサポートを行っていただけます。