【2016年6月マイプロ勉強会】表現することの可能性 セラピーとしてのアート

「表現することの可能性 セラピーとしてのアート」

心理療法(セラピー)と言っても、多くの療法があります
精神分析療法、認知行動療法、家族療法。。。
そんな中、一風異なる、可能性の高いセラピーがあります

それが、

アートセラピー(芸術療法)

です。

クレヨン

アートセラピー(芸術療法)は、1940年頃の起源と言われています。
イギリスとアメリカで同じ頃に始まり、画家が結核の診療所や精神病院などの患者に絵を描かせることで、治療効果がみられたところから、アートセラピーは発展していきました。
日本におけるアートセラピーの歴史は、戦後に発展し、また欧米にくらべて知名度も低かったですが、その効果や効用があらためて見直されてきています。

そんな中、今回マイプロでは、日本のアートセラピーの築いてきた巨匠の中のお二方をお招きし、夢のコラボセミナーを開催することを決定しました。

50年以上にわたり色彩心理学実践の第一線でさまざまな活動を行い、日本のアートセラピーの地盤を築いてこられた、多数のテレビ出演や書籍執筆などでも有名な「末永蒼生」さん、

そして、

デザイナー、絵本作家を経て、ベティ・エドワーズの右脳のアートメソッドやナタリーロジャースの表現アートセラピーとの出会いから、アートが心に与える影響や可能性を体験できるワークショップなどの活動を行っている「吉田エリ」さんです。

今回は、このお二人を招き、アートセラピーについてそれぞれお話を頂きます。
また、参加者の皆さんにもアートセラピーに触れて頂くために
それぞれの特徴を活かしたアートのミニワークも2つ用意しました。

セミナーの後半には、2人の対談も行い、アートセラピーの基本的なところから、アートを通して本来の自分と出会うためのプロセスまで、たくさんのお話をして頂きます。
心理支援者としても、有用で刺激の多い時間になること請け合いです。

異なるアートセラピーのバックグラウンドを持つ2人の対談を見る機会は滅多にないので、この機会に是非ご参加頂き、アートセラピーの世界に触れ、楽しんで頂けたらと思います。

〇スピーカー
・末永蒼生さん
色彩心理研究家/「アート&セラピー色彩心理協会」会長
株式会社ハート&カラー取締役共同代表
「色彩学校」&「子どものアトリエ・アートランド」主宰
「末永メソッド色彩心理研究所」代表

・吉田エリさん
表現アートセラピスト / アトリエワイエス主宰
WSファシリテーター・クリエイティブ・アーティスト

〇プログラム
第一部:「末永蒼生さんの活動紹介・塗り絵ワーク」
スピーカー 末永さん
(ワークは、参加者全員)

第二部:「吉田エリさんの活動紹介・ショートワーク」
スピーカー 吉田さん
(ワークは、参加者全員)

第三部:末永さん & 吉田さんの夢の対談
スピーカー 末永さん & 吉田さん

* 第三部終了後、残れる人で感想と振り返りをグループ形式でシェア

〇開催日時:6月8日(水)19:00-21:30

〇参加費用:2,500 円(画材代込み)

○場所:NATULUCK茅場町 新館 2階大会議室
http://www.natuluck.com/conference/nl_kayabacho_2f.html#101
営団地下鉄東西線「茅場町駅」12番出口 徒歩30秒
都営浅草線営団地下鉄「日本橋駅」D1出口 徒歩3分
JR「東京駅」日本橋口 徒歩10分

〇人数:30 名

〇本勉強会にご参加頂きたい方
・カウンセラーやコーチなどの心理系コンサルタントとして活動中で、より深く多様なクライアントの悩みと向き合えるように、自身の人間力や専門スキルの向上に精進されている方
・現在カウンセリングやコーチングを勉強中で、高い志と使命感を持って、将来的に心理系コンサルタントを職業としていくことを目指されている方。
・”心理系コンサルティングサポート”に高い関心があり、自身の周りで必要とされる方がいらっしゃる方(例:企業人事担当&管理職、教師、医療関係者、社会福祉関係者など)

〇参加申込URL
http://kokucheese.com/event/index/397464/

F B シェア