屋号・法人名
カウンセリングルーム・エンパシー

性別: 男性
名前: 古矢 順史
地域: 茨城県
形式: 個人
ホームページ: http://r-empathy.com/index.html
団体種別:
住所: 石岡市真家2502-19

カウンセリングルーム・エンパシーの紹介

老若男女、一人の人間として輝いて生きられるよう、ご相談者との信頼関係を大切にエンパシー(共感)しながら、あなた自身の「心の悩み・不安・悲しみ」等の解決をお手伝いします。カウンセラーとの二人三脚ですから、安心してお任せください。

生きていれば、家族や夫婦間の問題、職場の人間関係などに起因する、不安・悩み・苦しみ・悲しみがあります。心理療法はさまざまですので、ご相談者に一番適した療法を選んで行います。また、女性の場合は妊娠や出産、育児など女性特有の悩みがあります。当ルームには、経験豊富な女性の認定カウンセラーが在籍しておりますので、お気軽にご相談ください。

経歴・資格・実績

1960年 東京生まれ 茨城県在住

称号:内閣府認証JADP認定 上級心理カウンセラー資格

元茨城県警の警察官として、約28年間治安維持に貢献。現役警部で退職した後は、多くの人との関わりで養った「こころ」のスキルアップに精進を重ね、既存療法に独自の感性を融合したカウンセリング技法を開発しました。前職時代は、社会や人の裏側を垣間見ることが多く、時には幻滅感を味わった苦い思い出があります。職責のプレッシャーから極度の緊張に押しつぶされそうになり、心身ともに疲れ切ってしまうことが度々でした。

しかし、逃げたり挫折したりせず、周囲の人の力を借りながら一つ一つ乗り越えてきました。振り返れば、それらの苦労も自己の魂の向上に意味があったと感じています。

ブログ

お悩み相談「カウンセリングルーム・エンパシー」の回答