屋号・法人名
カングロ

性別: 男性
名前: 藤井利幸
地域: 東京都
形式: 個人&スクール
ホームページ: http://kanglo.main.jp/
団体種別: 株式会社
住所: 練馬区田柄4丁目-10番-9号-1-201

カングロの紹介

バブル崩壊、リーマンショック、東日本大震災を受け、21世紀は、既にモノ・カネを追いかける時代から、人の心や繋がりを大切にする時代へと変換しました。企業における経済環境も劇的に変化をおり、企業経営の在り方や社員に対する企業の関わり方も変革が急務となっています。この対応を間違えることによって起こるダメージは計りしれないものとなるでしょう。時代が人の心や繋がりに変化していることを経営者は本気で捉え、その為の組織作り・人づくりをすることが強く求められています。カングロ式ライフコーチングは、そうした背景から生まれた人と企業を繋ぐ先端施策です。

経歴・資格・実績

カングロ株式会社 代表取締役
茨城県東海村出身。高卒後、上京し新聞配達をしながら予備校に通い筑波大学に入学。4年間、体育会硬式野球部に所属し選手と2軍監督を経験。1992年に株式会社リクルート入社。12年間、組織・人事コンサルティング事業に従事し、約2000社の企業の変革に携わる。社内表彰制度で全国MVP・部門MVPの受賞計8回。2004年に独立し、事業再生コンサルティングのマネジメントリコンストラクション社を設立。2010年5月カングロ株式会社 代表取締役に就任。独自のサステナビリティ・イノベーション・コンサルティング事業を開始。米国で「今最も羨望の注目を浴びる企業」とされるオンライン・リテーラーのザッポス社のハピネス経営、「社員をサーフィンに行かせよう」「レスポンシブルカンパニー」の題材となっているアウトドア用品メーカーの米パタゴニア社を研究し続け、約1000社3000名のビジネスパーソンにセミナーや勉強会等でその真髄を伝えている。2013年には西アフリカのナイジェリア連邦共和国にて合弁会社を設立し、水問題、エネルギー問題、食糧問題、環境問題を日本のテクノロジーで解決するソーシャルビジネス事業も行う。実地の中から発信される指南は、斬新・先駆的でかつパワフルであり、魂を揺さぶるものとなっている。2013年以降、システムD研究会、自転車事故防止委員会、セブメディの会を設立。2015年より同士と共に「懐かしい未来プロジェクト(HOOPS)」「サステナ塾」を開始し、持続可能な地域社会の実現のために人間本来の役割を思い出すためのあらゆる「体験」の場と機会を提供している。自転車のある生活をこよなく愛し、年間約1万kmを走破する。マラソンランナー、トライアスリート。

ブログ

お悩み相談「カングロ」の回答