屋号・法人名
ナンバーツー

性別: 男性
名前: 林 健太郎
地域: 東京都
形式: 個人&スクール
ホームページ: http://number-2.jp/
団体種別:
住所:

ナンバーツーの紹介

コーチングはPDCAプロセス
近年、コーチングに関する情報が社会に広がり始め「傾聴」や「質問力」などのキーワードでコーチングを認識される方も多くなってきました。
プロのコーチがサービスを提供する場合、そういったコミュニケーションスキルを活用して深い洞察を得ることも重要なことですが、
それにプラスして、 PDCAプロセスを共に行えるということが大きな付加価値となります。
コーチングがビジネスの世界で広く受け入れられている理由の一つには、このPDCAプロセスとの高い親和性があげられます。

No2について
No.1は常にクライアントであり、コーチはそのすぐ後ろからサポートするNo.2の立場でありたい。
そんなことを思い、このプロジェクトに「No.2」という名前をつけました。
思考を整理し、選択肢を吟味し、成果につながる計画を立てるという一連のプロセスは、一見簡単そうに見えますが、
実は難易度の高いことです。なぜなら今までの価値観や経験が新しい思考を阻害するからです。
このような自分との対話を始めるためのサポート役を、あなたのNo.2としてコーチが担います。

コーチング
企業に向けたコーチングの中で私たちが必要だと考えるのは以下の3つのことです。

・定められた時間軸の中で成果を出す方法を考えること

・依頼企業の意向とクライアント個人の意志を統合した目標設定を行うこと

・コーチがビジネス(特にマネジメント)の基本知識を持っていること

コーチはクライアントのビジネスに関する専門知識を持っている必要はありませんが、
ビジネスの基本知識を有することで、スピード感をもってプロセスを進めることができます。

経歴・資格・実績

ブログ

お悩み相談「ナンバーツー」の回答