屋号・法人名
心のエステサロン「魔法の小部屋」

性別: 女性
名前: 石田より子
地域:
形式: 個人
ホームページ: http://hanakaiunjyuku.com/hp/
団体種別: その他
住所:
得意分野タグ 仕事・キャリア仕事・職場

心のエステサロン「魔法の小部屋」の紹介

お立ち寄りくださいましてありがとうございます。 メンタルセラピストの石田より子(石田順子)と 申します。

現在、ボイスマルシェ(カウンセリング予約サイト)のカウンセラーをしております。

2013年4月まで、日本航空(株)で、34年間CAをしておりました。その年月の20年間ほどは、コーチング、心理カウンセリング、メンタルセラピー、パフォーマンス学などを学び、接客とチームマネジメントの難題に役立ててきました。

心理系を学び始めたのは、20年前に私自身が仕事上でメンタルクライシスの経験をしたことがきっかけでした。何とか持ちこたえて職務は果たしているものの、心がカサカサに干上がり、非常に辛い時期を経験したことがきっかけでした。

苦しみの最中は、気軽に人に胸の内を話すこともできません。 職場の人に話したら、自分の悩みが他の人に漏れるのではないか、自分の評価に悪い影響になるのではないかなど疑心暗鬼になったり、同僚や上司の悪口を言っていることにならないか、自分に能力がないせいだと自責にさいなまれ、自信を失いマイナス感情から抜け出ることが出きず、一人で長い間苦しみました。 会社とは無関係の友人や家族、恋人に話しても、気休めにはなっても解決には至りませんし、かえって心配の種を与えてしまうだけでした。

当時、心の相談は徳のある人のボランティアでした。 今もこの解釈は根強く残っているように思いますが、心理カウンセリングを受けるのは、心を病んでいる人だけの特別なことではありません。 ちょっと疲れを感じた時に、フェイシャルエステやマッサージを受けるのと同じように、心のエステを受ける感覚でプロのサポートを受けてみませんか。

悩みがあるのは、自分が悪いからであったり、自分の努力が足りないからだけではありません。また、相手や周囲が悪いからだけでもありません。 さまざまな要因が絡み合って現象化しているのですから、単純に原因の追究をしても明らかにできないことはたくさんあります。 全ての人、もの、事は変化していきますから、それに合わせて自分を変化させ、自己が成長していくプロセスとしてフォーカスすると、悩みは成長の糧になります。

プロに荷物の片側を少し持ってもらい、悩みの渦から抜け出して、軽やかにしなやかに成長していきましょう。

コーチング、心理カウンセリング、メンタルセラピーにスピリチュアルの視点を融合し、あなたに合ったセッションを心掛けております。

経歴・資格・実績

1959年1月9日、岐阜県郡上市生まれ。
現在、横須賀市と郡上市の両方で在住。
1979年、(株)日本航空 ステュワーデスとして入社。
訓練部教官、シニアキャビンスーパーバイザーを勤め、2013年退社。

ブログ

お悩み相談「心のエステサロン「魔法の小部屋」」の回答