屋号・法人名
心理療法ハッピーライフ

性別: 男性
名前: 矢野 裕洋
地域: 愛媛県
形式: 個人
ホームページ: http://www.happylife.jp/
団体種別:
住所: 愛媛県今治市石井町1-4-96

心理療法ハッピーライフの紹介

初めまして、心理療法ハッピーライフのセラピストの矢野裕洋(やのやすひろ)です。東京時代の勤務しているセラピスト時代も含めると軽く20年以上この仕事をしています。
私は、対人緊張症や神経症、鬱病などで何年も何十年も精神科や心療内科に通われている人や入退院を繰り返している人を治す事が出来ます。
厳密に言うと、治すのではなく、私と一緒に人生勉強をして頂き、多くの精神科や心療内科に行く必要のない人たちと同じような感じ方、同じような考え方が出来るようになれば、対人緊張症や神経症、鬱病は治る、というよりも症状や問題や恐怖心が消えてなくなります。
有料セラピーのクライエントさんに必ずお話をしている内容に「会社経営のように自分経営をしなくてはいけない」というものがあります。
対人緊張症や神経症、鬱病などで困られている人たちは、極一部の例外を除くと、体も心も全く異常はありません。
では、何が原因かというと、人生勉強不足から「自分や自分の周りを客観的に見る能力や客観的な情報を多方面から得る能力、不安の処理をする能力等が劣っています。
ですから、他の人生勉強が十分に出来ている人たちは恐怖を全く感じない環境なのに間違った恐怖を感じています。
具体的には、他の人生勉強が十分に出来ている人たちは、人に変に思われたり人に嫌われても怖いとは感じませんし怖いとは考えません。
また、対人緊張症や神経症、鬱病の人たちのほぼ全員が『不安=恐怖』だと思っています。
しかし、不安は恐怖ではなく、「大丈夫ですか?」と聞いて来てくれている心の問い掛けで、決して恐怖ではありません。
対人緊張症や神経症、鬱病などの人生勉強不足から来ている認知の歪みで苦しんでいる人たちを、例えていうと、足し算引き算が出来ない人とよく似ています。
足し算引き算が出来なくてもその人は体も心も正常です。
しかし、足し算引き算が出来なかったら今の日本ではとても辛いでしょう。
対人緊張症や神経症、鬱病などの人たちはこれと同じような状態なのです。
対人緊張症や神経症、鬱病などの人たちは体や心が悪いのではなく、自分や自分の周りから客観的な情報、具体的には、目の前の人は何を考えていて、これからどんな行動をするか? どんな言葉を言うか?
第三者の目から見て今の自分はどういう状況に見えるか?
妥当な未来予測が出来ているかどうか?
などです。
「会社経営のように自分経営をしなければいけない」
どんなに優れた経営者でも情報が足りなかったり、間違った情報だらけでは経営判断を間違えて会社を倒産させてしまうでしょう。
それと同じで、対人緊張症や神経症、鬱病などの認知の歪みで苦しんでいる人たちは、まさか他の人と比べると情報不足になっている、と気づいたことはないでしょうが、他の精神科や心療内科に行く必要のない多くの困っていない人たち(100人ルールの100人中90人以上)と同程度の質と量の客観的な情報が取れるようになれれば、
足し算引き算が出来なくて困っている人は足し算引き算が出来るようになれば困らなくなるのと同じで、
あなたも対人緊張症や神経症、鬱病などで困らなくなります(治ります)。
大丈夫です。

経歴・資格・実績

ブログ

お悩み相談「心理療法ハッピーライフ」の回答