人間関係 弟がうつ病で仕事をやめてから家でゴロゴロしています

質問ID: 2158 回答数 2 質問日時2016.07.31
質問者:40代目みきお  都道府県名: 東京都  40代前半・男性

40歳の弟がうつ病になり仕事を辞めて3年になります。いつも家でゴロゴロして過ごしている姿を見ていて、弟の素晴らしい能力を知っている私は、歯痒さから早く直って以前のように生き生きと仕事をしてほしいという気持ちが強くなっていまい、時折弟に説教をしてしまいます。
そしていつも後から言い過ぎに反省して、落ち込んでしまいます。
何とか弟を社会復帰させたいのですが、近くにいて私は弟に何をしてあげればよいのでしょうか?

管理者へ報告する

回答No 0001
投稿日時: 2016年8月8日 11:19 PM
回答者: 質問型コミュニケーション協会

はじめまして。
弟さんを見ての歯がゆいお気持ち、そして、そんな弟さんに説教をしてしまい落ち込んでしまう気持ち。それら全ては、弟さん思いのお兄さんだからこそのお気持ちですよね。
3年もの間、傍にいるからこその歯がゆさが文面からとても伝わってきます。
私から、ひとつだけ気になったことをお伝えさせていただきますね。
「何とか弟を社会復帰させたい」とありますが、ちなみに弟さんご本人の気持ちはどうなのでしょうか?
いただいた文面だけでは全てを解りかねるのですが「何とか弟を社会復帰させたい」のはお兄さんのお気持ちであって、もしかすると、ご本人は心から「社会復帰をしたい」という状態にまで至ってなかったりしないかな?と感じました。
このように心ではまだ「復帰したい」という気持ちになっていない、ブレーキを踏んだ状態なのに、頭では「復帰せねばならない」というアクセルを踏んだ状態では、良い走りはできません。
お兄さんとして、「何とか弟を社会復帰させたい」という気持ちを一度横に置き、今の弟さんのありのままを受け容れていくことが、まずは大切なように感じます。そして、弟さん自身が「復帰しなければならない」という気持ちを強く持ちすぎていないかを、むしろ見守ってあげることが大切なのではないでしょうか?
そもそも、素晴らしい能力をお持ちの弟さんなのですから、矛盾のない状態で過ごすことさえ出来れば、自然と本来の自分らしさを発揮出来るのではないかと思います。その時を誰よりも信じてあげることで、弟さん自身も自分を信じて少しずつ前に進むことが出来ていくように感じました。
また、お2人が心からの笑顔で過ごせるよう、私も願ってますね。

回答No 0002
投稿日時: 2017年3月1日 10:28 PM
回答者: 日本パートナーサポート協会

こんにちは。ご相談頂きましてありがとうございます。
弟さんのことを想われていらっしゃるお気持ち痛いほど
よく伝わってきます。
あなた様ご自身もとても苦しんでいらっしゃいましたね。
弟さんご自身も苦しまれていることと思います。
ご存じのとおり「うつ病」はご自分の意志でご自分の気持ち
をコントロールしたり表現してりすることがとても難しくなっています。
お話しをお聞きしていることで考慮させて頂きますと
現実に向き合ってできることから一つ一つされていくことが
大切だと思います。
1「生きるとは大変でもあるけれど
楽しいこともある」ということ
自覚できるような体験を積ませてあげられることは
とても大切です。
最初は身近な小さなことから始められるとよいと思います。
2身体のゆがみを整えること
身体のゆがみは脳に伝わりストレスになります。
今までも充分にされていらっしゃることとは思います。
3バランスの良い食事をしていただくこと。
栄養のバランスに過不足があると脳に伝わりストレスになります。
4専門家にアドバイスをいただくこと
「何とかしてあげたい」と思いお気持ちが強ければ強いほど
焦る気持ち。歯がゆい思いがつのられることはよくわかります。
このままではお兄様ご自身もお疲れが溜まってしまいます。
ご自身を責めることは違います。
お兄様は充分に弟様のことが考え想いやりのあることをされています・
身近で大切に思う人ほど見守ることはとても大変です。
でもとても必要なことです。
今できることからして「生きることの楽しさ」を自覚して
頂けるようになっていくことが「社会復帰」につながる
第一歩だと思います。
本日は勇気を出してご相談頂きましてありがとうございます。
お兄様ご自身もご自分を大切になさってください。